登録特典

特化型Twitterアカウントで稼ぐ方法!マネタイズに大量フォロワーは必要ありません

Twitterを使っている方の活用目的は「コミュニケーション」だと思います。

確かにTwitterは優れたコミュニケーションツールです。

ですが、Twitterが優れているのは、コミュニケーションの部分だけではりません。

ブログやメルマガを使わなくても、情報発信してマネタイズすることができる、優れたビジネスツールなのです。

Twitterでマネタイズといえば、

  • ツイート
  • 広告

と思われがちですが、そうではありません。

「自分で販売するコンテンツを作りTwitter上で販売する」

ということです。

それでは、解説していきます。

Twitterマネタイズの全体像

Twitterでマネタイズを成功するためには、まず全体像を知っておく必要があります。

  • 商品のコンセプトを決める
  • コンセプト通りの商品を作る
  • 商品のセールスレターを作る。
  • 商品を欲しがるターゲットを決める
  • Twitterのプロフィールを作る
  • Twitterで商品を欲しがるターゲットの悩みを解決するノウハウを固定ツイートする
  • Twitterで商品を欲しがるターゲットと関連性のあるツイートを行う
  • Twitterで商品を欲しがるターゲットをフォローしていく
  • フォロワーがある程度集まってきたら、フォロワーに対してセールスする

流れとしては、こんな感じですね。

それぞれ、解説していきます。

商品のコンセプトを決める

Twitterでマネタイズするためには、「どんなフォロワーにどんな商品を売るのか?」を明確化します。

基本的には「お客さんの悩みを解決する」を意識したコンセプトを作れば問題ありません。

  • 稼ぎ系
  • 恋愛系
  • 健康系
  • スポーツ系
  • 人間関係系

などですね。

情報商材を販売しているASPのinfotopでは、「悩みに特化した教材」が多く販売されています。

Infotopで販売されている商品から、商品コンセプトを決めるのも私的にはおすすめです。

コンセプト通りの商品を作る

商品のコンセプトを見つけることができたら、コンセプト通り教材を作ります。

ゼロから教材を作ることはまず不可能です。

教材=アウトプットの結果です。

あなた自身の「インプット=知識(材料)」がなければ、教材を作ることはできません。

ですので、教材を作るための知識のインプットから始めてもらいたいと思います。

インプット作業として必要なのは、「本を読む」ことです。

私がブログ記事や教材を作るときは、「関連する本を5冊以上」は間違いなく読みます。

例えば、「別れた彼女との復縁」をコンセプトとして教材を作って販売したいと考えるなら、

  • 復縁に関連する本を5冊以上購入する
  • 復縁に関連する本の見出しをメモする
  • 復縁に関係する本に書かれている重要なノウハウをメモする
  • 復縁に関する知識を増やす

こんな感じですね。

本の見出しは、教材を作るときも「見出し」に活用することができます。

同じジャンルの本を複数読んでいると、「内容が被っている部分」は必ずあるはずです。

被っている部分は、「その悩みを解決するために重要な部分」というわけです。

自分の知識量だけで教材を作るのではなく、すでに世に出ている複数の本を活用しながら、「複数本の良いとこどり」を意識して作っていくのです。

「複数の情報を合わせて1つの教材を作る」ことも濃い教材を作ることができますのでオススメです。

商品のセールスレターを作る

魅力的なセールスレターを作るためには、コピーライティングをしっかり学ぶ必要がありますし、長い鍛錬が必要になります。

私の場合ですと、毎日写経を行いながら、セールス文章を書くための基礎力を高めている感じですね。

とはいえ、「写経をしてライティング力がついてからセールスレターを書きましょう」では時間がかかりすぎます。

写経は文書力を高めることができますので、「ノートに1日1ページ」でも構わないので行って欲しいのですが、セールスレターを書いたことがない初心者でも「セールスレターを書く方法」を伝えていきます。

「他のセールスレターをリライトしながらテンプレートに当てはめていく」

という方法です。

やり方としては、

あなたが販売を考えている商品と関連性のある商品のセールスレターをとにかく集める。

セールスレターに書かれている内容を、「リライト+あなたの主観」をテンプレートに当てはめていきます。

複数のテンプレートを紹介しますので、使いやすいものを活用してもらえればと思います。

【セールスレター基本の型】
・キャッチコピー
・痛みや恐怖を強調
・欲と願望を強調
・物語
・商品説明
・ボレット
・金額とその理由
・特典
・保証
・限定性
・申し込み
・追伸

【AIDAの法則】
Attention・・・顧客の注意を引く
Interest・・・顧客に商品を訴求さ関心を引く
Desire・・・顧客の欲求を駆り立て商品の満足性を伝える
Action・・・顧客に行動を起こさせる

【PASONAの法則】
Problem・・・顧客の問題点の明確化
Agitation・・・顧客が抱える問題点を煽る
Solution・・・顧客に解決策を提案する
Nallow Down・・・顧客に商品の期間や限定性を伝える
Action・・・顧客に行動を起こさせる

【QUESTの法則】
Qualify ・・・顧客の悩み解決を約束
Understand・・・顧客から理解と共感を得る
Educate = 顧客を教育して商品の魅力を伝える
Stimulate = 顧客を興奮させ欲求を煽る
Transition = 顧客に行動を起こさせる

商品を欲しがるターゲットを決める

商品のセールスレターを書き終えたら、「その商品を欲しがるのは誰なのか?」を改めて明確化しましょう。

男性向けの復縁の教材を販売するなら、

  • 別れた彼女と寄りを戻したいと考えている男性
  • 彼女と喧嘩してしまい別れそうになっている男性
  • 離婚した奥さんとやり直したいと考えている男性

このように、

  • あなたの作った教材が誰に響くのか?
  • あなたが作った教材を誰に届けたいのか?

を深堀していくわけです。

Twitterのプロフィールを作る

プロフィールは4つの要素で構成されています。

  • アカウント画像
  • アカウントのヘッダー画像
  • アカウント名
  • アカウントの説明文

アカウント画像

アカウント画像は、ライバルと差別化するためにも「オリジナルのイラスト」を用意してください。

自身の顔写真でもOKなのですが、顔出ししたくない場合は、イラストを用意することをオススメします。

ココナラで依頼すれば、1,000円前後でクオリティーの高いイラストを描いてもらえますので、ぜひ依頼してみましょう。

アカウントのヘッダー画像

個人的な意見ですが、ヘッダー画像はあってもなくても良いのかなと思っています。

あえてヘッダー画像を作るのなら、「どんな情報を発信しているのか一目で分かるような画像」を用意するのが良いのかなと。

アカウント名

基本的には、

  • 名前@どんな発信しているのか?
  • 名前@どんな実績を持っているのか?

2つのうちどちらかの構成を使えば良いと考えています。

ブログを教えるアカウントなら、

  • ○○@ブログコンサルタント
  • ○○@ブログのエキスパート
  • ○○@ブログで日給40万を達成

恋愛を教えるアカウントなら、

  • ○○@ナンパコンサルタント
  • ○○@脱童貞コンサルタント
  • ○○@1日に3人の女性から連絡先をゲット

こんな感じですね。

アカウントの説明文

アカウントの説明文では、

  • あなたは何者なのか?
  • あなたにどんな実績があるのか?
  • あなたをフォローすることでどんなメリットやベネフィットがあるのか
  • あなたの理念は?

4つの項目を埋めることで、お客さんに「どんな情報発信を行っているアカウントなのか?」を理解してもらえるようになります。

Twitterで商品を欲しがるターゲットの悩みを解決するノウハウを固定ツイートする

販売する商品を決めたら、次に行うことは、「お客さんからの信頼残高を増やしていく」という作業です。

商品を購入してもらうためには、お客さんから信頼される必要です。

あなたも1万円以上する商品を購入するなら、信頼できる人から購入したいですよね。

そして、「あなたが求めているジャンルに詳しい人」から購入したいと思うはずです。

あなたの教材を購入してもらうためには、

  • お客さんにそのジャンルの専門家だと思われる必要がある
  • 自分の抱えている悩みをあなたなら解決できると思わせる必要がある

このような認識をお客さんに持ってもらう必要があるのです。

そのために必要なのが、Twitterのツイートです。

有益な情報をツイートしていくことで、「お客さんからそのジャンルの専門家」と思われ、「この人なら自分が抱えている悩みを解決してくれるかもしれない」と期待させることができるわけです。

ツイートには、

  • 固定ツイート
  • 日常ツイート

2種類存在します。

どちらも、「有益なツイートを行う」ことは共通しているのですが、最初に行うことは「強烈な固定ツイートを作る」ということです。

ツイートは基本的に140文字なのですが、複数のツイートを数珠のように繋ぎ合わせて連結させることが可能です。

お客さんを満足させる連結ツイートを作ってもらいたいのです。

『あなたの作った教材でお客さんの悩みを解決して満足させるのではなく、連結した固定ツイートでお客さんの悩みを解決して満足させる』

情報の出し惜しみはお客さんの信頼を失う行為です。

教材のノウハウを全てさらけ出すつもりで、「そのツイートを見たお客さんは絶対あなたの信頼する」そんな連結ツイートを作っていきます。

連結ツイートを固定にすることで、「そのツイートは必ずタイムラインの一番上」に表示されます。

お客さんがあなたのタイムラインを見たとき、「固定ツイートを必ず見る」というわけです。

固定ツイートを作りこめば作りこむほど、「教材は売れやすくなる」と思ってください。

Twitterで商品を欲しがるターゲットと関連性のあるツイートを行う

Twitterの日常ツイートといえば、

  • 挨拶
  • 愚痴

のようなイメージを持たれるかもしれませんが、「無意味なツイートをすればお客さんからの信頼を落とす」と考えてください。

あなたのTwitterアカウントでは、教材を売るために「お客さんに信頼され価値を提供し続けるアカウント」である必要があるのです。

「有益なツイートをし続ける」と思ってください。

  • 500~1,000ツイート
  • 500~1,000フォロワー

教材を販売する条件として、こちらを最初の目安としてもらえればと思います。

ツイートを作ることを難しいと思われるかもしれませんが、ツイートも「リライト+あなたの主観」で作っていって問題ありません。

  • あなたと同じジャンルで情報発信しているTwitterアカウントを見つける
  • あなたと同じジャンルで情報発信しているブログを見つける

ライバルのTwitterのツイートや、ライバルのブログを参考にしながら、あなたもツイートをしていくわけです。

特にブログ記事は「連結ツイートを作る」ための魅力的な材料になります。

基本的にブログ記事は、

  • 1記事1テーマで決められている
  • 1記事に複数の見出しがある

例えば、ブログ記事に見出しが5個あったとします。

見出しに書かれている文章を「140文字に要約」することで、5個の連結ツイートを作ることができます。

Twitterでのツイートを難しく考える必要はありません。

必要なのは「リライトの材料素材を1つでも多く集まる」ことです。

Twitterで商品を欲しがるターゲットをフォローしていく

Twitterのツイートを見てもらうためには、「フォロワー」を集めていく必要があります。

フォロワーがゼロの状態だと、大量にツイートをしても、誰にも見てもらえないわけです。

基本的にTwitterは「専門性の高いツイートを行っていけば、あなたの発信に興味のあるユーザーがフォローしてくれる」という側面は持っています。

とはいえ、売上をアップしていくためには、あなた自身が積極的に「フォロワーを集めていく」ことを意識する必要があるのです。

方法としては、

  • Twitterであなたが実践しているジャンルについてツイートしているアカウント
  • Twitterで参考にしているアカウントをフォローしているアカウント
  • ハッシュタグを使ってツイートする

この3つですね。

Twitterであなたが実践しているジャンルについてツイートしているアカウント

例えば「彼女を欲しがっているユーザーをフォロワーにしたい」と考えているのなら、

  • 彼女が欲しい
  • 女友達が欲しい
  • 女性からモテるようになりたい

このようなツイートをしている男性をフォローしていくわけです。

あなた自身が「彼女を作る方法」について濃い情報をツイートしていれば、フォローした相手も「自分に必要な情報を発信してくれている」と喜びあなたをフォローバックしてくれるわけです。

「あなたのツイートと関連性の高いツイートを行っているユーザーをフォローしていく」

このように思ってもらえればと思います。

Twitterで参考にしているアカウントをフォローしているアカウント

Twitterで情報発信する際に、参考にしたTwitterアカウントが存在するはずです。

あなたと同じジャンルの発信を行っているTwitterアカウントですね。

ライバルアカウントにも当然フォロワーがいます。

  • ライバルアカウントをフォローしているユーザーをフォローする
  • ライバルアカウントのイートに「いいね・RT・リプ」しているユーザーをフォローする

ツイートに反応しているユーザーはアクティブ(活動的)なユーザーです。

そのようなユーザーがフォロワーになってくれれば、あなたのツイートにも反応してくれる可能性が高まるわけです。

アクティブなフォロワーは「あなたのアカウントの成長速度を速めてくれる」と思ってもらえればと思います。

ハッシュタグを使ってツイートする

Twitterには「ハッシュタグ」という仕組みと文化があります。

ハッシュタグとは、

  • #ブログ仲間
  • #ブロガーと繋がりたい
  • #ブログ書け
  • #裏アカ女子と繋がりたい
  • #ぽっちゃり女子と繋がりたい
  • #彼女募集中

こんなのですね。

Twitterを使っている方は、「ハッシュタグを使う」という文化があるわけです。

ツイートにハッシュタグを使うことで、情報の拡散率を高めることが可能になります。

例えば、「彼女を作る」ことに興味があるユーザーを集めたいのなら、

彼女を作るために必要なのは「出会いの数を増やすこと」です。

彼女がいないと嘆いている人は、圧倒的に出会いの数が少ないのです。

あなたの身近に彼女候補は何人いますか?

今、この瞬間に10人以上の女性が浮かばないのならアウトです。出会いの数を増やしましょ

#彼女募集中
#女性と繋がりたい

こんな感じですね。

「ツイート+ハッシュタグ」を使ってフォロワーを集めていってください。

※ハッシュタグは凍結しやすいので注意してください。

フォロワーがある程度集まってきたらフォロワーに対してセールスする

フォロワーがある程度集まってきたら、セールスして反応を確かめてみましょう。

勘違いしてもらいたくないのが、「フォロワー数が多ければ商品が売れる」というわけではないということ。

フォロワーは数字ではありません。数字の一人ひとりが血の通った人間なのです。

「商品が売れる=フォロワーの1人があなたの商品に興味を持った」

ことを意味するわけです。

そのことを認識したうえで、セールスを投げかけてみましょう。

セールスする商品に関しては、

  • note
  • Brain
  • PDF

なんでもOKです。

Twitterでの初マネタイズなら、最初はnoteでセールスするのが良いのかなと思います。

Twitterユーザーは、「noteを購入する」という行為に慣れているからです。

Noteは販売の手数料が取られるものの、お客さんとのやりとりは発生しません。

PDFで販売するのなら、TwitterのDMでお客さんとやりとりする必要があります。

  • やりとりが怖い
  • やりとりが面倒

と考えるTwitterユーザーも少なからずいますので、初めはnoteでのセールスをオススメします。

永遠に生き残るためのTwitterマネタイズの原理原則-まとめ

以上がTwitterマネタイズの全てです。

Twitterマネタイズと聞くと、「ツイートにASP広告のキーワードをひっかける」的なテクニックをイメージする人もいます。

実際にこのような手法が高額で販売されているケースもあります。

私はテクニックに依存したノウハウでは、「稼ぎ続けることは不可能」と考えています。

「ビジネスの原理原則はお客様に価値を提供し価値の対価として報酬を受け取る」

ことだと考えています。

「価値と価値の交換」の公式が崩れてしまうと、最初は稼げていたとしても、やがて稼ぐことができなくなるわけです。

この記事を何度も読み返して、Twitterマネタイズに挑戦してもらえればと思います。